北九州に住む主婦のブログ(暇な女子大生が馬鹿なことをやってみるブログ)

暇を持て余した佐田清澄が欲望の赴くままにしたためています。

暇だから博多駅で買えるおススメのお土産を5つ紹介する(自分用・家族用)

博多駅は福岡土産、九州土産の宝庫です。

博多通りもん」や「めんべい」は職場や友人に配るお土産としてもはや定番になってきていますが、今回は個人的におススメの、自分または家族に買って帰ることを想定したお土産を5つ紹介します。

 

行列に並ばずともあの店のあの味が楽しめる!?

「らるきぃ」というお店を知っていますか?

福岡市地下鉄大濠公園駅近くの大人気パスタ店です。

あの王貞治さんもこのお店の「ぺぺたま」というメニューが大好きだという噂です。

↑人気ゆえにいつ見てもお店の外には大行列ができています。行列に並ぶのがあまり好きでない私はまだ「らるきぃ」の店内に入ったことがありません・・・

 

王さんも愛した「ぺぺたま」とはどんな味なのか・・・食べてみたい・・・

 

と思っていたら、博多駅に売ってました

「らるきぃ」ぺぺたまのパスタソース!

 

保冷剤入りでした。温めたパスタソースを茹でたパスタにあえるだけ!

 

↑これは…麺が多すぎたか…⁉

ニンニクの風味とふわとろの卵がクセになる・・・ぺぺたまの「ぺぺ」はペペロンチーノなんですね。

『ぺぺたまってこんな味なんだ…!』と思いつつ、お店で食べるとまた一味違うと思うので、いつか「らるきぃ」店内でも味わってみたいです。

 

決して温めてはいけない?

「冷やして食べる唐揚げ 努努鶏」

努努鶏……「ゆめゆめどり」と読みます。

 

蓋を開けると「決して温めないでください・・・」の文字が。

 

フィルムにまで「決して温めないでください・・・」と印刷されています。

最後の「・・・」の部分が、温めたら何か災いが起こりそうな雰囲気を醸し出しています。

 

温めることなく冷え冷えのまま食べてみました。唐揚げはアツアツに限ると思っていたけれど、冷えてて美味しい!甘辛いタレも病みつきになります。

 

わざわざ温める手間が要らないので、「料理するのが面倒くさい」「お惣菜を買って温めることさえ面倒くさい」という超面倒くさいモードの時にこれを買えばそのまま食卓に出せて便利です。

 

めんたいはめんたいでも「できたて」めんたい

福岡といえば・・・明太子!

おにぎり型のパッケージがかわいい福さ屋の「できたてめんたい」。

一般的に売られている明太子は通常、冷凍された状態でお店までやってくるようなのですが、「できたてめんたい」は一度も冷凍されることなく工場から直送されているので美味しいのだとお土産屋の方が説明してくれました。

 

食べてみると、一粒一粒がしっかり主張している印象でした。味がピシャっとついとう

 

あまおう苺を使ったスイーツ

「伊都きんぐ」というお店の「どらきんぐ生」。中を割ってみると・・・

 

あまおう苺が丸ごと一粒入っています!もちもち食感の「がわ」と甘いクリーム、あまおう苺の酸味がマッチしてハマります。

苺が丸ごと入っている「どらきんぐ生」は、11月下旬~5月末頃までの涼しい季節限定です。

 

それ以外の時期は小さく切ったあまおう苺が入っている「どらきんぐエース」が販売されています。↑これは抹茶味。塩バニラ味もあるよ

 

なぜかホラー書体

おどろおどろしいフォントが気になる蒸気屋の「かすたどん」!

 

本体は、あのフォントからは想像もつかないほど可憐な見た目をしています。

ふんわりと甘い香りにそそられる…。中には、卵をふんだんに使用しているであろう濃厚なカスタードクリームが入っています。カスタード好きにはたまらない・・・!

 

旅行や帰省、お仕事などで博多駅に寄ることがあったらぜひお土産屋さんを覗いてみてくださいね。

 

購入した場所

らるきぃパスタソース・・・博多銘品蔵

冷やして食べる唐揚げ 努努鶏・・・博多マイング

福さ屋 できたてめんたい・・・博多銘品蔵

伊都きんぐ どらきんぐ・・・博多マイング、博多いっぴん通り

蒸気屋 かすたどん・・・博多阪急地下1階

暇だから2023年の目標を考えてみた

一年の計は元旦にあり・・・

元旦から1週間程度過ぎてしまいましたが、一年の計を立ててみたいと思います。

健康

【血と筋肉を増やす】

貧血と体力が無いのを治すため、今年はとにかく鉄分とタンパク質を摂りまくります。

肉 肉 卵 肉 魚 プロテイン 肉 肉 納豆 肉 卵 肉 納豆 プロテイン 肉といった具合でストイックに栄養補給をしていきます。

 

南部鉄器のやかんで沸かした白湯を飲んだり南部鉄器の鍋で味噌汁を作るといったこともしたいと思います(鉄が溶けだして鉄分補給できる)。

 

ブログ

一年間で50記事更新することを目指します。(大体週に1記事ペース)

「毎日更新」などと飛ばし過ぎると続かなくなるし、週1なら何とか続けられるかな~と思っています。

 

お金

昨年初めて株式投資に手を出し、投資元年となりましたが、今年は積み立てNISAとふるさと納税をやってみたいです。

 

ゲーム

去年の終わりごろから狩野英孝氏がYouTubeで「サイコブレイク」のゲーム実況をやっているのを見て『自分にもできるかも……』と思い(失礼)、序盤のボスで躓いてから数年間放置していたサイコブレイクに再度チャレンジしてみたらクリアまで辿り着けました。

↑カジュアルモードなのに死にまくった。

今年は「サイコブレイク2」と、CAPCOMセールで買った「バイオハザード7」と、購入予定の「バイオハザード4・5・6・1」をやる予定です(やりすぎ)

 

仕事

出勤ありの仕事はまるで続かないけれど、在宅ワークは細々続いているので今後も在宅で何とかやっていきたいです。

 

英語

去年「スタサプENGLISH」というアプリでコーチにもついてもらって集中的に英語学習したにもかかわらず、大学時代に出したTOEIC760点は超えられず……

今年はTOEICで点数を出すことを目標にするのではなく、英語を使って仕事をする、または英語を使ったボランティアをやってみようと思っています。

 

お笑い

今年も「パラシュート部隊」と「タイムマシーン3号」を引き続き応援したいです。

また、ラジオ局にメールを送る「ハガキ職人活動」を再開して笑いのセンスを鍛えようと思います(全国放送はレベルが高いから地元ラジオ局から攻めたい)。

 

元旦に引いたおみくじ大吉だったから、多分色々うまくいくだろうと思っている。

暇だから2022年に観た映画&舞台を振り返る

joshi-daisei.hatenablog.com

2021年に引き続き、2022年も1年の間に観た映画や舞台を振り返ってみようと思います。

 

1月

1. ディリリとパリの時間旅行

フランスのアニメーション映画。同じ監督が手掛けた「キリクと魔女」を大学の授業で観て、すごく良かったのでこちらも鑑賞。

アニメーションとして楽しいだけでなく、ジェンダー問題を取り扱っていたり、19世紀後半~20世紀初頭の芸術家や著名人たちがたくさん出てきて勉強になります。

ちなみに小倉昭和館で観ました。この時は昭和館が火事で焼失してしまうなんて夢にも思わなかったな・・・

 

2. ハウス・オブ・グッチ

アダム・ドライバーが好きなので観に行きました。

レディー・ガガは演技もうまい。何でもできるな~

 

3. 香川一区

「なぜ君は総理大臣になれないのか」の続編。政治系ドキュメンタリーだけど堅苦しくなくてわくわくできる。

 

4. ゼイリブ

1988年公開のアメリカ映画が「KBCシネマ」でリバイバル上映されていました。

支配層として生きている人たちが実は地球外から侵略してきた異星人で、それに気づいた男がほぼ一人でそれに立ち向かう…という話。雰囲気とか世界観が好きです。

↑地球人のふりをする上級国民の本当の姿。特別なサングラスをかけると本当の姿が見えるようになる。

 

2月

5. ブラックボックス音声分析官

サスペンススリラー映画。とにかく自分の好みどストライクな映画でした。サスペンス好きなら絶対にハマる。おすすめです。

 

6. アンチャーテッド

アクションアドベンチャーゲームが実写映画化されたもの。

 

ミュージカル「ロッキーホラーショー

北九州芸術劇場古田新太さんの舞台が来ると聞いたので予備知識ゼロで観に行ってみました。ハチャメチャでした。

峯岸みなみさんの振り切れている感じが良かったです。

 

ミュージカル「ラ・マンチャの男

松本白鷗さんと松たか子さんの親子共演が観たくて東京へ行ってきました。

が、劇場まで辿り着いたところでスタッフの方に「コロナ陽性者が出たので中止です」と言われ、ガッカリしてとりあえず看板だけ撮ったのが↑の写真です。

 

ちなみに後日チケットを手に入れ、再度東京まで飛んで無事に公演を観ることができました。コロナ禍での舞台鑑賞はこういったリスクと常に隣り合わせでスリルを味わえます。

 

3月

7. サムジンカンパニー

韓国で起きた実話をもとにした映画。お茶くみや書類整理などの補助的な仕事しかさせてもらえなかった女性社員たちが、会社の不正に立ち向かって大活躍するという元気が出るストーリーです。

 

8. ザ・バットマン

暗すぎて良かった。ちなみに歴代のバットマン系映画で一番好きなのは、ティム・バートンが監督した「バットマン リターンズ」です。

 

4月

9. アネット

その独特のストーリーは一旦脇に置いておくとして、「アダム・ドライバーと結婚できる」という設定が羨ましかったです。

 

10. くれなずめ

joshi-daisei.hatenablog.com

これが小倉昭和館で観る最後の映画になりました。

 

5月

joshi-daisei.hatenablog.com

2022年のうちにこの記事を書き終わりたいのですが、現在12月31日の既に23:30なのに、まだ5月のことを書いている…

 

6月

11. 瀬戸内寂聴 99年生きて思うこと

寂聴さんが映画の中でとにかくお肉をたくさん食べていたのが印象的でした。「だから晩年までエネルギッシュでいられたのか」と思うと、自分もこれからは肉をたくさん摂取していこうという気になりました。

 

新妻聖子さんコンサート

歌が上手すぎて公演中ほとんど泣いていました。おばあさんに不審がられました。

 

8月

12. サバカン

「ゴリパラ見聞録」という福岡の旅系バラエティ番組の大ファンなのですが、ゴリパラのメンバーが出演していると聞いて観に行きました。ゴリパラメンバーの出演率は少しだけでしたが、「故郷」や「友だち」って良いものだよね、と再確認できる映画でした。

 

9月

13. 杜人

「もりびと」と読みます。環境再生医の矢野智徳さんが水害などで壊れた土地を再生する過程を見ることができます。北九州の「白野江植物公園」も出てくるよ。

 

14. ベルベットクイーン ユキヒョウを探して

最近はなぜかドキュメンタリー映画ばかり観てしまいます。

 

10月

15&16. アートなんかいらない!(Session1、Session2)

この映画を観て初めて、アーティストの荒川修作氏と「養老天命反転地」の存在を知って度肝を抜かれました。

 

11月

17. 荒野に希望の灯をともす

福岡出身の医師 中村哲さんのドキュメンタリー映画アフガニスタンの人々が栄養失調などで病気になる中、「この国の人に必要なのは医療よりもまず十分な水と食べ物」と言って、それまで使ったこともなかった重機で岩を動かし川から水を引き、土地を潤して作物が育つようにしていて、現地の人々から崇められていました。わたしも2023年は何か人の役に立つことをしたいです。

 

18. すずめの戸締まり

新海誠本」というのをもらえました。夫がハマって、すずめの戸締まりの小説版を購入していました。

 

12月

パラシュート部隊女性限定ファン感謝イベント

お笑いコンビ「パラシュート部隊」のYouTubeチャンネルの視聴者はほとんどが男で女性が2割くらいしかいない。数少ない女性ファンへの感謝祭?ということで開催された女性限定イベント。

とにかく女性が喜ぶことをたくさんやろうと、上半身裸でビーチバレーをやったり上半身裸でランウェイを練り歩いたりと肌色多めのイベントでした。

秘密の夜会に参加しているような高揚感、女性限定ということで会場に生まれる一体感、帰りに夫に迎えに来てもらった時の罪悪感が半端なかったです。

 

あけおめことよろ

2022年中に公開しようと思っていたこの記事ですが、だらだら書きながら気づいたら年を越しておりました。そしてそのまま寝落ちしていました。

 

昨年は当ブログに来訪いただきありがとうございました。

2023年、皆さんにたくさん良いことが起こるよう願っています。

今年もよろしくお願いいたします。

暇だからお花のサブスク「bloomee」を始めてみた【継続?解約?】

joshi-daisei.hatenablog.com

joshi-daisei.hatenablog.com

 

週に1度花束が届くサブスクリプション「bloomee」を始めてみた人の記録です。

 

4週目

4週目に届いたお花……え、松ぼっくり!?きらきらの松ぼっくりがいました。

 

花瓶に生けてみたらこんな感じ。大きなお花がバーンと2つ入っていて、ちょっとバランスを取るのが難しいかも…なーんて(ごにょごにょ)

 

濃いピンクのお花はガーベラ、薄いピンクのほうはカーネーション、赤い実はヒペリカムという名前らしいです。松ぼっくりは「松かさ」と紙に書いてありました。「松かさ」が正式名称なのか…

 

12月14日に届いたので、おそらくクリスマスを意識してゴールド松ぼっくりを入れてくれたんだと思います。家にクリスマスツリーを飾ったりはしなかったのですが、これを玄関に置いておくだけでちょっとクリスマス感が出てわくわくしました。

赤い実の「ヒペリカム」はクリスマスだけでなくお正月っぽい雰囲気もあるなぁ。

 

継続?解約?

初回無料&花瓶プレゼントというクレジットカードの優待を利用したのですが、その優待の契約では「4週間は必ず継続してね」という縛りがありました。

4週目の配達が終わったので、解約料なしで解約できるようになりました。このまま継続するか、それとも解約するか……

 

・週1,265円かかるのは結構きつい(月換算すると5,000円以上になる)

・お花を自分で選んで買うという経験をしてみたい

・週に1度のペースでは前の週に来た花がまだ枯れておらず花瓶が足りなくなって渋滞する

 

お花のある暮らしの導入としてはすごく良かったのですが、これからは自分のペースでやっていきたいので解約することにしました。

 

解約に辿り着くまでが長い

解約するボタンが中々見つからず「よくある質問」で調べてみると

マイページ

プラン・登録情報確認/変更

ページ最下部の「お届けのお休みはこちら」ボタンを押す

「お届けを停止したい場合はこちら」が出てくる

 

上記の流れで解約できるようですが、「解約」という言葉を使っていないのでやや分かりづらかったです。

 

 

「お届けを停止したい場合はこちら」のボタンを押したあとは引き止める感じの内容のページが続きます。
月2回のペースに落とすのは確かにいいかも。でも「手続きを続ける」を押す。

 

え……あと1回無料でお花を受け取れる?

でも…どうしよう……そうやって解約を先延ばしにしているとどんどんタイミングを逃して永遠に継続することになってしまいそうだしな……

 

 

「あと1回無料」に負けておかわりしてしまいました。しかも最後の最後ですごく魅力的な花束が来ました。

バチェラーやバチェロレッテがまだ一緒に旅を続けたいと思う相手に渡すタイプのローズも入っていました!

 

ふわふわの綿毛のようなのは「コットンフラワー」というらしいのですが、枝が木の枝くらい太くて、水揚げのために切るのが大変でした。

 

bloomeeをやってみてよかったこと

・「こんな花があったのか」というような、今まで見たことも聞いたこともなかった花の存在を知れる

・お花の手入れの方法や飾り方などを学べる

・週に一度の楽しみができる

・ポストに入れてもらえるので不在の時でも受け取れる

・家の中が華やかになる

・部屋も少しきれいになる(かもしれない)

・家族との話のネタになる

 

5週目のブーケが来たあときっちりと解約を終わらせたので今はもう配達はないのですが、毎週「どんなお花が来るだろう」とわくわくできるのはいいと思いました。

暇な方、生活にちょっとした刺激を加えたい方にはおすすめです。

福岡県の飲酒運転撲滅メッセージが怖すぎた

この前 夜中に車を ブーンと走らせていた時・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


福岡県は飲酒運転が多くて、平成22年には全国でワースト1位になったみたいです…

 

県をあげて飲酒運転を厳しく取り締まり続けているのですが、まだまだ件数は多いんだよーと先日の免許更新の際に聞きました。

 

夜中に見たこの電光掲示板からは、絶対に飲酒運転を許さない…!という県警の執念を感じました。

 

やめよう 飲酒運転

【クリスマス】暇だからお花のサブスク「bloomee」を始めてみた(2週目&3週目)

クリスマスおめでとうございます。

 

joshi-daisei.hatenablog.com

↑お花の定期購入「bloomee」を11月下旬から開始しました。

 

2週目

11月最終週の配達からパッケージがクリスマス仕様に変わっていました!

 

どんな花が届いたのでしょうか……

 

清楚な色味の花束…!初回に届いたお花とはだいぶ印象が違います。

 

↑ちなみにこれが初回に届いたお花の一週間後の姿です。一週間経ってもバラ以外はまだまだ元気で枯れる気配がありません……週に一度の配達はペースが早すぎるのかも。

 

新しく来た花束を花瓶に移すため、初回グループはまたカレー粉の瓶に逆戻りさせることにしました。

 

白、紫のお花とグリーンが水色の花瓶と合っていて可憐な印象になります。

右側の小さくて白い花からすごくいい香りがする……

 

いい香りがしていたのは「カリメロマム」という花だそうです。名前もかわいい。ブルーアイスとスターチスは九州産!外国だけでなく国内で栽培されたお花も登場するんですね。

 

3週目

3週目に届いたお花。ちょっと黄色の分量が多め…?

 

黄色ばかりになるのでは……と心配していましたが、お花を同じ色で揃えると綺麗にまとまるんだな~と勉強になりました。

この大きいお花が「ガーベラ」なのか。ブルーアイスとカリメロマムは先週に引き続いての登場。

 

お花は1週間では枯れないものが多い

1週前に届いたお花はもちろんのこと、2週間前からいるトロピカル組も近所の人にもらった菊の花も8割くらいは元気に咲いていて、自分が思っているよりもお花は長持ちするのだということが分かりました。

 

しかし「バラ」や「デンファレ」といった花びらが大きめのお花は、花びらが小さい(細かい?)ものよりも劣化が早いような気がしました。

 

残るはあと1回……

クレジットカードの優待キャンペーンでは「最低4回(4週)は継続してくださいね」という縛りがありました。

いよいよ次がその4回目……。最後はどんな花が届くのでしょうか。また、わたしはその後もbloomeeを継続するのでしょうか……?

 

つづく

暇だからお花のサブスク「bloomee」を始めてみた

相次ぐ物価上昇に不安を感じたため、不要なサブスクリプションを解約し、散々お世話になった年4900円のAmazonプライムともついにお別れしました。

 

そして週1265円のお花のサブスクを開始しました(何故)

 

Instagramエレキコミックやついいちろうさんが一輪挿しを飾る様子を見てから、自分も部屋にお花を飾ってみたいな~と思っていたのと、「初回無料+花瓶プレゼントキャンペーン」をクレジットカードの優待欄で見かけて『今しかない』と勢いで申し込みました。

「キャンペーン」「期間限定」「数量限定」などの言葉に弱い系の人間です。

 

花を飾りたいけれど、まず家に花瓶が無いし花瓶を買うところから始めないと……と思うと面倒に感じて動き出せずにいたので「花瓶プレゼント」はかなり大きな決め手になりました。

 

(1265円の内訳=お花代880円、送料385円)

 

「初回は無料だけど、最低4回(4週)は継続してね」という縛りがありました。4回未満で解約すると解約料がかかるそうです。

 

申し込みを済ませると、すごく歓迎している雰囲気のページが出てきました。

 

お花が届いた後にどういう対応をすればいいか詳しく書いてあるページを見て勉強…

 

申し込んだのは水曜日の夜中。

 

そして1週間後の水曜日・・・

 

と・・・届いた!

対面手渡しではなく、ポストに投函されていました。

 

↑裏面

 

箱を開けてみる。

 

「つ、強そう・・・」

バラが入っていたのは嬉しい。このトゲトゲした花?は何だろう。ちょっと怖い…

 

箱から出すとこんな感じで紙に包まれていました。

というか・・・あれ、花瓶は?お花しか届いてないぞ・・・

 

そういえば、「お花と花瓶は別々に届く」とどこかに書いてあったことを思い出した。

ヤマト運輸のLINEで配達日を確認すると、花瓶は翌日に届くらしい。困る。家には花瓶などない。今日をどうやって乗り切ればいいんだ…

 

自分でお花が届く日を花瓶の配達日より後に変更すればよかったのか……!と思ったのですが、レギュラープランではお花の配達日をずらしたりはできないそう。

ひとつ上の「リッチプラン」なら手渡しで花を受け取れ、日時の変更もできるということでした。

 

何か花瓶の代わりになりそうなものを必死で探し……そして、見つけました。

 

S&Bカレー粉の空き瓶。

よく洗ったので多分大丈夫か・・・?とりあえず、これで明日まで耐えるしかない。

 

カレー粉の瓶の色も相まって、トロピカル感というか、サバンナ感というか、カーニバル感が半端ないです。

 

↑花束に挟んであった説明書きを見ると、強そうなのはケニアの「エリンジュ―ム」という花のようです。その他にも、タイやシンガポールといった暑い国出身の花が大集合していました。

 

↑エリンジュ―ムが手に見えた。

 

「お花のある暮らし」って、なんかもっとこう しっとりしたイメージだったのですが、想像していたよりもだいぶ賑やかな感じで始まりました。

 

—翌日—

 

待望の花瓶が届きました。

 

か、かわいい!涼しげでいいですね。

ということで花を移し替えてみる。

あれ?素敵。

お花の挿し方と花瓶を変えただけでこんな見違えるようになるのか……

 

強そう。

テーブルの上が散らかっていたので今まで床に置いて撮影していたのだが、せっかくお花が綺麗なのでテーブルの上も片付けてみた。お花を飾ると部屋も少しずつ綺麗になっていくのかもしれない。

 

夫も喜んで?いた。

—数日後—

 

ゴミ出しに行っていた夫が「近所の人が花をくれたよ」と菊の花を携えて戻ってきた。

花が花を呼んだ……これが「引き寄せの法則」ってやつか(よく知らない)。

とりあえず、もう使ってない麦茶のピッチャーを花瓶代わりとした。

 

bloomeeからもらったお花はキッチンカウンターに置いていたのだが、大きさの問題から急遽菊をキッチンに置き、bloomeeの花たちは玄関に飾ることにした。

 

こうして私の「お花のある暮らし」もとい「お花のありすぎる1ヶ月」が幕を開けたのであった。