読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇な女子大生が馬鹿なことをやってみるブログ

暇を持て余した女の人が欲望の赴くままにしたためています。

暇だから森拓郎さんに小顔矯正してもらいました(前編)

 

 

こんばんは。暇な女子大生です。

 

 

突然ですが、私の顔は小さくありません。

というか、大きいです。

 

顔が大きいのが悩みです。

 

 

しかし、そんなことは忘れて平和に過ごしていたある日のこと。

 

「小顔矯正とかしてもらった方がいいんじゃないの?身体ももっと絞った方がいいんじゃないの?」

というとっても失礼なメッセージがTwitter上で届きました。

 

 

『こんな失礼なツイートするやつは誰だ』と思ったら、ドS大魔王理髪師こと木村直人さんでした。

 

f:id:aku_soshiki:20140621193656p:plain

カリスマ美容師の木村直人氏

 

魔界の理髪師木村直人様をご存知ない方はこちらのエントリーをご覧ください。

 

 

彼の1万人ものホロアーの前で「お前は顔が大きくてデブだ」と言われてしまった私は悲しみの運河を渡り日本海まで流れていきそうでした。「あわや」というところで踏みとどまり、ドS大魔王様に「そのようなご発言、誠に心痛みます」と丁寧に返事をしスマホを遠くに投げました。

 

しかしいつまでも鳴りやまぬアイフォーンのバイブレーションに観念し、メッセージの蓋を開けると「森拓郎さんという整体のプロフェッショナルがいるから、その人のところで色々と直してもらいなさい」などと書いているではありませんか。

 

「ちなみに森さんはイケメンです」と最後に記してあり、私は再度憤慨致しました。まるで私がイケメンに見境のない痴女のような書き方です。

 

私は森拓郎さんに「是非宜しくお願い致します」とメッセージを送り、自身のスケジュール帳に「16時 イケメン」と書き込みました。

 

 

 

恵比寿の裏道のようなところにあるスタジオ「rinato」の扉を開けるとそこには今まで見たこともないような整った顔立ちの男性が立っていました。

f:id:aku_soshiki:20140515175059j:plain

3次元でここまでハンサムな男性を私は知りません。

 

控室でTシャツとジャージに着替えた私はこれから始まる「激しい運動」のことを想像し身構えました。「森さんに身体を絞ってもらえ」という木村氏の言葉から何かとてもハードなエクササイズを連想していたからです。

 

 

しかしそこに待ち受けていたのはハードなエクササイズなんかではなく、もっと…

もっとスゴイものでした…

 

 

f:id:aku_soshiki:20140621203826p:plain

つづく

 

 

森さんのとってもありがたい本はコチラ↓(減量したい人は必読です)