読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇な女子大生が馬鹿なことをやってみるブログ

暇を持て余した女の人が欲望の赴くままにしたためています。

「シン・ゴジラ」にハマれなかった人

おススメの本、音楽、DVD

シン・ゴジラを観に行くことにした。

 

いち発信者として世間で話題になっているエンターテインメントは一応観ておかなければならないので…というのは建前で、仕事が進まず辟易していたので現実逃避のために話題の映画でも観てみることにした。

 

皆が『面白い』と感じるものに自分も『面白い』と思えるのかどうか確認したかったという気持ちもあったのかもしれない。他の大多数と同じ感情を味わえたら嬉しいだろうし、もしも共感できなければ孤独だ。別にいいけど。

 

怪獣というものに興味がなくて(宇宙人とかお化けとかUMAになら並々ならぬ興味があるのに)ゴジラ系の映画を今まで一度も観たことがなかったので、huluで映画公開の記念に配信されていた1954年版のゴジラをまずは観てみることにした。

 

半分も経たないうちに意識を失っていた。保育園のお昼寝の時間でさえ全然眠れなくて先生に連日迷惑をかけるほど寝つきの悪いわたしがスヤスヤ寝てしまう辺り、ゴジラとわたしの相性は最悪なのかもしれない。それともゴジラの壊れたスピーカーみたいな鳴き声が、わたしにとって眠るに心地よい周波数を持っているのかもしれない。

 

とりあえずシン・ゴジラを楽しめるのかどうか不安になってきた。しかしこの映画の監督を務めている庵野秀明氏のアニメ「エヴァンゲリオン」は大好きなので、多分大丈夫だろう・・・

 

レディ―スデイである水曜日のチケットをHPで確認すると、日中のほとんどの回が売り切れていた。「余裕があります」と書いてあるのは23時半からの回と26時台からの回だけだ。

 

仕方がないので23時半からの回を予約し、その後は別の映画を観て始発の電車で家に帰ることにした。ひとりオールナイト映画祭だ。

 

ガラガラの上り電車に乗り映画館入り口の発券機でチケットを発行し上映10分前になるまでポップコーンをむさぼりつつ待ったあと予約した通路側の席に着くと、隣に「先のとんがった靴を好みそう(そのとき実際に履いていたかどうかは確認していないが、少なくとも持ってはいそう)な年収400万円~500万円くらいの30歳くらいの男」と、「港区によく繰り出しそう(ただし港区に家があるとか勤め先があるというわけではない)な女」のカップルが座っていた。

 

メガネをかけてダサい服を着ているわたしのほうを「夏場に網戸によくくっついている2センチくらいの虫」を見るような目でジロジロと眺めつつパートナーに向かって庵野秀明ゴジラについて偉そうに語っている男と、『とりあえず「すごーい」って言っとけば男は喜ぶんでしょ?』としか思って無さそうな女を見て

 

『しょうもなさそうな人間たちだな。』

 

と思った。

 

映画が終わる頃にはもう終電も無い。この後二人はホテルにでも行くのだろうか。

 

わたしはこいつらを『どこにでもいる退屈で陳腐な人種だな…!』と一瞬で侮蔑してしまったが、「繁殖活動を行っている」という点で人類にとってはこの2人のほうが価値があるのだろう。

 

そんなことを考えている間に長いCMも終わり、「シン・ゴジラ」が始まった。

 

第一印象としては

 

エヴァンゲリオンの実写版だな』

だった。

 

コマの送り方?画面の切り替え方?がすごくアニメっぽくて、というかエヴァそのもので庵野秀明臭がぷんぷんした。

 

あとは東日本大震災を暗示させるセリフが多すぎて少ししつこさを覚える。

 

キャストについては『日本の俳優業界にいる、ありとあらゆる「オジサン」をかき集めたな。』と思った。

 

特に「踊る大捜査線」界隈と「半沢直樹」界隈のオジサンを、役柄もそのままに空輸してきた感じ。

 

石原さとみは帰国子女か何かの役で英語のセリフが度々あり、「英会話のAEON」には確かな効果があることが分かった。

 

最初のほうの連続する戦闘シーンは激しくて興奮したが、途中で長い会議のシーンに突入し、残念ながら眠ってしまっていた。これでわたしはゴジラの超音波により眠らされていたのではなく、単純に話やノリについていけずに脳みそのブレーカーを落としていたことが判明した。やっぱりわたしは東宝の創り出した架空の怪獣よりも、「月刊ムー」などに出てくるプレアデス星人のほうが好きだ。

 

最後はまた戦闘シーンになり、MX4D上映だったため椅子がガタガタ動いたり水しぶきが飛んできたりして目が覚めた。

 

ユナイテッドシネマの「4DX」よりも、TOHOシネマズの「MX4D」のほうが色々と威力が激しい気がする。

 

映画が終わると隣のカップルの女が「ゴジラきもかった~」と言っていた。男は庵野秀明論やゴジラ論を上映前より一層情熱的に語り始めた。

 

わたしは二人の組んだ両足を避けて外に出て、次に観る予定の「ロスト・バケーション」に備えた。

 

ロスト・バケーションはサメの映画で、入場客も少なく何の期待もしていなかったが、シン・ゴジラの4倍くらいエキサイティング&スリリングで面白かった。

 

主演の「ブレイク・ライブリー」については「ゴシップ・ガール」のイメージしか無かったので本能的に避けていたが、ロスト・バケーションでの演技が迫真すぎて大ファンになった。

 

始発の電車がやってくるまでコンビニで買った指原莉乃が表紙のananの性のページを読んで過ごし、電車の空いている車両まで歩いて椅子を確保し、Twitterの検索機能で「シン・ゴジラ」の途中で寝てしまったのは自分だけではなかったことを確認すると何故だか安心して、怪獣もパリピもいない平和な街へと帰って行った。

 

f:id:aku_soshiki:20160813223044p:plain

水辺対応時のゴジラ。確かに気持ち悪かった。そしてこの絵は多分似てない。

 

スクラップ・アンド・ビルド

おススメの本、音楽、DVD

喫茶店で2時間ほど過ごしたあと、いつもとはちょっと違う道を歩いて帰った。

途中でローソンを見つけて

 

「この街にもローソンあったんだなあ」とぼんやり思う。

 

以前住んでいた地域はファミリーマートが多かった。そのまた前は何故かサークルKサンクスが密集していた。今住んでいる辺りは200m間隔でセブンイレブンが建っているような気がする。

 

E-girlsスピードくじ」と書いてあるのぼりがいくつも立っていて、『…じゃあやってみようかな…』と店に入る。E-girlsのメンバーの名前を一人も知らないし歌も全然聴いたことない。でも時々無性に自分の人生に対して全く役に立たない、意味のないことをやりたくなる。

 

スピードくじをやるには700円分の買い物をしなければならないという。仕方なく『何か食べ物でも買うか…』と店内を物色するも、最近「ナチュラルハイジーン(生の果実や野菜を中心に食べる健康法)」に傾倒しているわたしにはコンビニの食べ物が全て添加物だらけの毒に見えてくる。

 

 

ならば雑誌でも買おうと「装苑(650円)」などをパラパラめくっていたが、『いま自分がやろうとしていることは全くの金の無駄だな』と、ふと我に返りローソンを出た。マドンナには5万円払えるのに、E-girlsには700円も使いたくない。髪を染めているところなどがどうしても好きになれない。

 

また歩いて家路へ向かいながら、さっきまで喫茶店で読んでいた羽田圭介さんの「スクラップ・アンド・ビルド」を思い出していた。

 

「年老いたお爺さんの介護」という重めのテーマにも関わらずストーリーは軽快に進んでいき、意外に面白く読める。今、自分はまだ若くて、こうして普通に歩けることに対する感謝の念さえ湧いた

 

羽田圭介さんのスクラップ・アンド・ビルドが芥川賞を取ったのは去年だが、何故その本を今さら買ったかというと、今年の芥川賞受賞作である村田沙耶香さんの「コンビ二人間」が面白かったからだ。

 

 話題の本とか流行りの本って眩しく見えて普段はあんまり手を伸ばさないんだけど、これはタイトルとテーマに興味を引かれたし、何より装丁がすごく魅力的だった(やっぱ装丁って大事だよな…)から思わず買ってしまった。

 

 話題になる本や売れる本、賞を取る作品はやっぱり面白いしすごく惹かれる要素がたくさんあって勉強になる。もっとしょっちゅう本を買おうと思った。

 

村田さんも羽田さんも小説の中ですごく伸び伸びと生きている感じがして、GoogleアドセンスNGワードやら炎上やら企業から見た好感度などを気にして遠慮がちになってきている最近の自分がすごく小さく見えた。

 

わたしも自分自身をスクラップ・アンド・ビルドしなければ・・・

 

 

暇だからマドンナのライブに行ってみた(1)

マイケル、マドンナ、ジャネット

ポケモンGOは二日で飽きた暇な女子大生です

 

ずっと前の出来事になってしまうけど、マドンナのライブに行きました

 

f:id:aku_soshiki:20160731143019p:plain

マドンナは2008年くらいからファンです

 

ちなみにマドンナを好きになったきっかけはマイケルジャクソンです

f:id:aku_soshiki:20160731143059p:plain

さっきのマドンナのイラストを少しだけ変えるとマイケルジャクソンになります

 

「マドンナが来日するらしい」という噂を聞きつけたわたしは「何としても公演を観に行かなければ・・」と思いました

 

観に行く準備万端だったのに公演の直前に亡くなってしまったマイケルジャクソンのライブの件を未だに引きずっていたので「マドンナに会えばその無念が少しは晴れるのではないか・・」と考えたのです

 

f:id:aku_soshiki:20160731143111p:plain

良い席を取るために、2000円くらいするファンクラブっぽいものに入って(英語のサイトだったから面倒くさかった)先行発売日の予定時間1~2時間前からスタンバイ

 

「ぴあ」とか「e+」とかあらゆるチケットサイトの会員登録を済ませ、スムーズにチケットを買う準備をします(本国のサイトから日本のどのチケットサイトに飛ぶのか分からなかったのでとりあえず全部登録)

 

予定時間の10時になり、チケット争奪戦の始まりです・・・が、しかし

 

「BUY」のボタンを押すと、全く関係ないサイトに飛んでしまいます・・・どうやらマドンナサイトの中の人のミスのようです

 

Twitterを見ても、「買えない!」「どうなってる!?」「パニック!!」と日本のファンは半狂乱

 

数分後、Twitter上に「どうやらチケット開始は11時からに延期になるらしい」との情報が(しかし公式ではない)。

 

なんとしても一番良い「SS席」を取りたかったわたしは、他のマドンナファンが11時説を信じて争奪戦を休止している間も憑りつかれたように更新ボタンを押し続けました

 

f:id:aku_soshiki:20160731212114p:plain

連打(マウス)

 

マウスを連打し続けていると、10時30分頃にサイトが「e+」(だったかな?多分)へと繋がりました。

 

やった!!

 

f:id:aku_soshiki:20160731212649p:plain

 

全身を震わせながら急いで手続きを済ませ、購入完了。

 

f:id:aku_soshiki:20160731213605p:plain

 

しかし暫くしてから大変なことに気づきました

 

SS席(アリーナ席)は、段差がないのです・・・

 

普通の人よりかなり背が低いわたしは

 

f:id:aku_soshiki:20160802140249p:plain

 

段差のないアリーナ席では埋もれてしまう可能性大なのです・・・

 

 

f:id:aku_soshiki:20160802135324p:plain

座席表を確認すると、SS席でも外側にすこーしだけ段差のある席が設けられてはいました・・

 

実際ジャネットジャクソンのライブに行った時は完全に埋もれてしまい、ジャネットがサブリミナル効果並みにチラッチラっとしか見えませんでした…。悔しかったので翌日またさいたまスーパーアリーナまで来て並んで当日券(階段の上のほうの席の)を買い、二日連続でライブを鑑賞しました。

 

joshi-daisei.hatenablog.com

 

 

しかしマドンナのSS席のチケットの値段は一枚5万円。ジャネットの時と同じように2日連続で観るというのはキツイ。経済的に!

 

埋もれてしまうか、または運よく前のほうの席or段差のある席に着けるか・・・神に祈るような気持ちでコンサートまでの日を過ごしていました・・・

 

f:id:aku_soshiki:20160213175301j:plain

イルミネーション輝くさいたま新都心駅

f:id:aku_soshiki:20160802112513p:plain

コンサート当日、駅の改札を出るとすぐに「チケット譲ってくれませんか…」と人々に弱々しく語り掛けている若い男性が。『誰かは余ったチケットを持っているはず』というイチかバチかの賭けに出ているのでしょうか。

 

どうしてこんなことをしなければいけない状況になっているのか少し聞いてみたくもあったけど、彼は何故かわたしにだけは話しかけてこなかったので、そのまま急ぎ足で「さいたまスーパーアリーナ」へと向かいます

f:id:aku_soshiki:20160802112454p:plain

f:id:aku_soshiki:20160802132537p:plain

ダフ屋(チケットを定価より高く売りさばいて利益を得ようとする悪い人たち)の壁(10人以上いた気がする)をすり抜けて、

 

f:id:aku_soshiki:20160213180136j:plain

f:id:aku_soshiki:20160213180213j:plain

看板の写真を撮ろうとする人々の波をかいくぐり、

 

f:id:aku_soshiki:20160213180405j:plain

音楽業界の大物たちからのお花を横目で確認し、

 

f:id:aku_soshiki:20160213180653j:plain

とうとう会場に辿り着きました・・・!!

 

 

わたしの席は・・・

 

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20160731214012p:plain

 

ステージからめちゃくちゃ近い・・・! 

 

 

to be continued...

暇だから「暇女」から「美魔女」になる(ブラジリアンワックスやってみた)

こんにちは。年齢を重ねるにつれて普通は高まるであろう美意識が右肩下がりの暇な女子大生です。

 

f:id:aku_soshiki:20160721084455p:plain

 

黒いTシャツから黒いTシャツへ着替えるだけの代わり映えのしない日々を送っていたわたしに「二子玉川へ来い」というメッセージが届きました。「楽天」という会社の社員を名乗る人からでした。

 

f:id:aku_soshiki:20160721090914p:plain

f:id:aku_soshiki:20160721091210p:plain

 

f:id:aku_soshiki:20160721092207p:plain

f:id:aku_soshiki:20160721092554p:plain

ぼくたちはいま「楽天ビューティ」というサイトを運営しているんだけど・・・

暇な女子大生に「エステ」や「脱毛」など色んなメニューを体験してもらって、その体験記事を「楽天ビューティ」で書いてほしいと思っている!

 

f:id:aku_soshiki:20160721093115p:plain

え・・・わたしがですか?でもわたし、エステとか今までやったことなくて・・・

何かボったくられるイメージしかないし、勧誘とかすごそうだし、高そうだし逆に身体に悪そうだしわたしみたいなダサいやつが行ったら睨まれそうだし唾吐かれそうで怖くて

 

f:id:aku_soshiki:20160721092554p:plain

大丈夫!そういう人のレポートのほうが逆にいいよ!

 

f:id:aku_soshiki:20160721093115p:plain

わたし、人に会う用事がない限りお風呂とかもあんまり入らないくらいなんですけど・・・本当に大丈夫ですか

 

f:id:aku_soshiki:20160721094645p:plain

というわけでこれから一年間くらい、月一回のペースでエステやら脱毛やら色んな未知の経験をすることになった。

記念すべき第一回目は「ブラジリアンワックス」をやることにした。

 

f:id:aku_soshiki:20160721093115p:plain

なんか、周りに「ブラジリアンワックスやってみたいけど怖くて勇気が出ない」って言ってる女子が多くて。

わたしも『面白そうだな…』と思ってはいたんですけど痛いらしいし変な化学薬品とか塗られそうだしほぼ毎日半裸みたいな恰好してるパリピしか行っちゃいけない気がしてて。でも取材で行かしてもらえるならこの際どんなもんかやってみたいです。ちょうど夏だし需要もありそう・・・。

 

f:id:aku_soshiki:20160721092554p:plain

うん、いいね!一回目としてのインパクトもあるし。ある程度毛が伸びてないと受けられないっぽいけどその辺大丈夫?

 

f:id:aku_soshiki:20160721093115p:plain

いつかこんな日が来るのではないかと思って全身の毛を伸ばしに伸ばしていたので全然大丈夫です。脇毛とかも半年剃ってません。

 

 

f:id:aku_soshiki:20160721103304p:plain

 

 

実際に体験し、夜な夜な書き続けてこの間(2日前くらい)やっと完成したレポートがこちらです!「ブラジリアンワックス」の実態とは・・・?

beauty.rakuten.co.jp

 

 

無事に元の世界へ戻れるのか・・・!?

 

f:id:aku_soshiki:20160721112202p:plain

 

男性客が大幅に増加しているその理由とは!? 

 

f:id:aku_soshiki:20160721105653p:plain

サービスショットも!?

 

 

これから一年間「ブライダルエステ」やら「バストアップ」やら「骨盤矯正」を体験し、果たして暇女は美魔女になれるのか、それとも全く変われないのか!?

ダサめのファッションと共に身体や肌の変化にもご注目ください。

 

最後に「生々し過ぎる」という理由で楽天ビューティ掲載NGとなったイラストの数々と共にお別れです。

f:id:aku_soshiki:20160721111330p:plain

 f:id:aku_soshiki:20160721105815p:plain

f:id:aku_soshiki:20160805002413p:plain

 

 

あとで調べてみたら、このイメージ図はマントヒヒではなくマンドリルだった。

 

 

f:id:aku_soshiki:20160805002434p:plain

 

beauty.rakuten.co.jp

 

暇人 母校に帰る

イベント記録

joshi-daisei.hatenablog.com

joshi-daisei.hatenablog.com

 

津田塾大学で就活や人生についてお話してきました

 

f:id:aku_soshiki:20160713182910p:plain

開場してすぐゾロゾロ人が集まりだし、最終的には100人以上の忙しい女子大生たちが来てくれました

椅子が足りなくて立ち見が半分くらい出ていました。椅子が無かった人ごめんね。

 

前日にエヴァンゲリオンを見てしまい、資料不十分なまま臨んだので不安しかありませんでしたが

 

f:id:aku_soshiki:20160713172746p:plain

マイクを持ったらノリと勢いで意外とうまくいきました(お面をつけて喋りました)

 

f:id:aku_soshiki:20160713180559p:plain

こいつ誰?」みたいなアウェーな雰囲気だったらどうしよう、、と思ってたけど

 

f:id:aku_soshiki:20160713180641p:plain

ほとんどの人が前からわたしのブログを読んだことあるらしく、ウェルカム的な雰囲気で喋りやすかったです。みんなニコニコ・・・というよりは、なんかニヤニヤしながら話を聞いてくれました

 

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20160713183639p:plain

f:id:aku_soshiki:20160713184138j:plain

めっちゃ褒められた!

f:id:aku_soshiki:20160713171723p:plain

 ただ、大勢の前に出るのが久しぶり&90分間も大声を出し続けるという慣れないことをしたために体中のエネルギーを消耗し

 

f:id:aku_soshiki:20160713165409p:plain

 翌日から3日間くらいぐったりしていました

 

というわけでブログを書くのも遅くなりました(遅くなるのはいつもか、、)

 

一番嬉しかったのは講演を聴いていた大学の先生から

f:id:aku_soshiki:20160713165442p:plain

 先生「ブログを読んでる限りでは、『何でこの子は就職できなかったんだろう』って不思議に思ってたけど、、

 

f:id:aku_soshiki:20160713165453p:plain

 先生「今日キミを見ていて就職できない理由がわかったよ、、

 

f:id:aku_soshiki:20160713185208p:plain

f:id:aku_soshiki:20160713185610p:plain

って言ってもらえたことでした

 

f:id:aku_soshiki:20160713190145p:plain

f:id:aku_soshiki:20160713190244p:plain

 

ってテンションが爆上がりしたけど、

 

内容の詰め方やストーリーの構成など『もうちょっとこうしたかったな~』とか『あれも喋るの忘れてた、、』とか反省点もたくさんあったのでもう少し修行を重ねたいと思います

 

これを毎週とか毎日やってる先生たちって本当にすごいですね。

 

f:id:aku_soshiki:20160713190917j:plain

↑企画してくれた学生との「連帯感」を表す写真(扇)

 

とにかく貴重な経験が出来て嬉しかったです。皆の自慢の先輩でいられるように頑張ります

 

また呼んでね~

 

瞬間、心、重ねて

 

スライドをつくらないといけないのに

huluでエヴァンゲリオンの1~13話を連続視聴してしまった

 

f:id:aku_soshiki:20160705223848p:plain

joshi-daisei.hatenablog.com

 

明日は久々に大勢の前で喋る

 

イメージトレーニングは何回もしているけど

 

実際に学生さんたちを目の前にしたら怖くなって震えるかもしれない

 

この前打ち合わせのために津田塾大学まで行ったとき

 

わたしが在籍していた頃よりも更にきらきらした女学生が増えていて恐ろしかった

 

f:id:aku_soshiki:20160705225727p:plain

 

でも叔母が全力で応援してくれているので頑張りたい

 

話したいこと色々ありすぎてまだまとめ切れてないけど、

わたしを講演に招いてくれた学生グループに明日話そうと思ってる大体の内容をワードで書いて送ったら

 

f:id:aku_soshiki:20160705231538p:plain

f:id:aku_soshiki:20160705231857p:plain

 

すごい褒めてもらえたので良かった。

 

実際話し出したら何となくうまくいくんだろうなあ

 

最近書くよりも喋るほうがラクだなあと思うようになってきた。

 

喋ることが苦手だった時期は書きものがスイスイ進んだのに。

 

なんで2つの力をうまく出し入れできないのだろう。

 

と、本気で悩んでどうする。

 

まずhuluを閉じよう

 

逃げちゃダメだ・・・

 

公開する前に文章だけでなく写真もチェックしたい

インタビュー

お風呂はジムで全部済ませているからガス代は月に数百円しかかからないものの、最近エアコンの「除湿」をちょいちょい使用しているのでそろそろ電気代が気になってきている暇な女子大生です

 

「AdverTimes」っていう宣伝会議が運営するサイトでインタビューが公開されました

 

www.advertimes.com

 

宣伝会議」は広告とかマーケティングとかメディアに関する出版物を出したりセミナーを開いたり編集者とかコピーライターを育てるための講座を開いたりしている会社だよ(ざっくり)

 

大学生の頃どうにかして出版業界に潜り込みたかったので宣伝会議の「編集・ライター養成講座」に申し込もうとしたけど『授業料高いな、、』と思ってやめました(ごめんなさい)

 

 

 

結構いいこと言えてるみたいなので興味のある方は見てみてください。セルフプロモーション関連のことが書いてあります

 

このインタビューを行ったのが2月だったのでセーター着てるし髪ぼさぼさで長いまま(現在ショートボブ)だしジムに入会する前だったので太ってるし写真については気に入ってないけど文章は何回もチェックしました、、

 

 

 

イギリスがEUを離脱したようで何だかすごく大変そうですね

 

ブロガーズトリップでついこの間イギリスに行かせてもらったばかりだし心配です

joshi-daisei.hatenablog.com

 

近日英国政府観光庁さんのところに行く用事があるので、その辺の事情を色々聞いてみようと思います、、(イギリスに旅行に行く人たちにどういう影響があるのか、なども含めて)

 

イギリスを応援するためにも英国旅行記の続き早く書こう、、

 

f:id:aku_soshiki:20160128193252j:plain

美しい古城、豊かな自然……そう君の名は、グレートブリテン