暇な女子大生が馬鹿なことをやってみるブログ

暇を持て余した女の人が欲望の赴くままにしたためています。

暇だから僕と彼女の共通点を考えてみた

himajo.blog.jp

 

アレジオンごときでは治まりきらない地獄の鼻炎を持つ女・暇な女子大生です。

アレルギー性鼻炎ってきっと前世で悪事を働いたことによる呪いなんでしょうね。

「花粉症で30秒に一度鼻をかんでいる」ということをブログを書けない新たな言い訳にできるなあと思いつつ、先ほど購入したパブロン鼻炎カプセルを服用したらやや鼻水が落ち着いてきたので英国旅の続きを更新したいと思います

 

 

―――――――――――――――――――――――――――

 

 

f:id:aku_soshiki:20160127114913j:plain

英国旅の様子を素敵にレポートするという使命を担ったブロガー4人は、日本から英国まで乗換時間含め12時間で辿り着けるフィンエアーの飛行機に搭乗した。

 

スポンサーである英国政府観光庁Hさん、フィンランド航空Tさん、ラグジュアリー系ブロガーのizuminさん、サラリーマンブロガーのたのっちさんはビジネスクラス

 

庶民派のわたしと若い女性から絶大な支持を得る近藤あやさんはエコノミー・コンフォートというクラスだ。

 

f:id:aku_soshiki:20160226190234p:plain

↑エコノミークラス前方に設けられたエコノミーコンフォートは、従来のエコノミーより足元が8~13センチ広いという。

 

f:id:aku_soshiki:20160226191417p:plain

この時乗った飛行機は座席が2列、4列、2列で構成されているタイプだったので、トイレなどに行くとき比較的出やすい。

 

7年前に初めて海外に行った時は窓側の席だったのだが隣に欧米の女性が2人座っていてトイレに行くのに大変難儀したことを覚えている(“Excuse me”といって通路側に出るのが億劫だったのでトイレに行かなくていいように水を飲むのを我慢していたら結局気分が悪くなった)。

 

今回は隣も知っている人だし安心。

f:id:aku_soshiki:20160127133505j:plain

↑隣に座る近藤あやさん

 

しかし別の心配が頭をもたげてきた。

 

12時間も何を話したらいいのだろう・・・

 

f:id:aku_soshiki:20160127130507j:plain

↑CAさんと英語で色々話し、フィンランドのビールを頼む近藤さん。

 

f:id:aku_soshiki:20160127130445j:plain

↑緊張でエビアンのペットボトルがあるのに更に水を追加注文してしまうわたし。

 

f:id:aku_soshiki:20160127132955j:plain

何を話したらいいのか分からないのでこの旅のために買ったデジタルカメラでおかきを異常にキレイに撮ったりして時間を稼ぐ。

 

 

 

 「あのね、みんなにね、『暇女とあやは正反対だからすごく違った記事になるだろうね』って言われてるんだ~」

 

近藤さんが無邪気にそう言った。

 

f:id:aku_soshiki:20160320180541p:plain

近藤あやさん

 

職業:モデル

身長:150センチ

友達:多い

性格:サバサバ・明るい

趣味:ダイビング

テラスハウスメンバー

 

f:id:aku_soshiki:20160320180811p:plain

暇な女子大生

 

職業:特にない

身長:150センチ

友達:パソコン

性格:ネチネチ・闇

趣味:お笑いラジオ

ハガキ職人

 

確かに見た目にちょっとした違いはあるものの、身長は近藤さんと同じ150センチだし、お笑いラジオの話をしている時だけはすごく明るい自分になれるし、たまに自撮りをアップすることもあるからざっくり言えばモデルだし、たまに元テラスハウスメンバーなんじゃないかと感じる時もあるので正反対は言い過ぎだと思う。

 

近藤さんから教えてもらった「暇女とあやは正反対だよね」と言った人たち(6人くらい)の名前を心のメモ帳にしっかり書き込んだ。

 

それから、近藤さんはテラスハウスの裏話モデルのお仕事のこと、彼女がプロデュ―スしているセブ島留学のこと、ルーツであるフィリピンへの旅行や過去のロマンスなどを話してくれた。

 

彼女の無邪気な雰囲気にだんだん気持ちがリラックスしてきて、わたしも自宅の風呂場の排水溝が詰まっていて風呂に入るのが億劫なので銭湯に通っているがお金がかかって困っていること彼女がいるのに風俗に行く元彼のことなどを打ち明けた。

 

 そうしているうちに何だか楽しくなってきて、すごく仲良しになれる気がしてきた。

 

f:id:aku_soshiki:20160320194416p:plain

↑ビーフ(近藤さんが食べた)

 

f:id:aku_soshiki:20160127134228j:plain

↑フィッシュ(お魚だいすき暇女が食べた)

 

機内食もすごく美味しく感じてきた。

 

f:id:aku_soshiki:20160127121406j:plain

 彼女のためにゴープロで飛行機が離陸する様子を撮ってあげるのも全然苦にならない。

 

f:id:aku_soshiki:20160127131459j:plain

わたしが撮っていた良い感じの構図の写真を見て、彼女が「あやもこの写真真似していい?」って聞いてきたけど全然気にならない。一瞬で了承。

 

f:id:aku_soshiki:20160127132223j:plain

あとでパイロットのいる操縦室に連れてってあげるよ」と教えに来てくれたスポンサーのTさんのことも『いま近藤さんとの話が盛り上がっていたのに…』と感じるほど。最初に会った時から感じていたけどTさんとフィンエアーのイメージが全然合わない。近藤さんと大した違いはないはずのわたしのほうを一瞬も見ずにずっと近藤さんのことを見つめているTさん。

 

すごく気が合う2人でも、どうしても分かり合えないことがある。

 

f:id:aku_soshiki:20160127132808j:plain

「あや、この映画すごい好きー!」

 

f:id:aku_soshiki:20160127132918j:plain

アン・ハサウェイがイチャイチャしてる感じの映画だった。

「それなんていう映画?」と聞くと

 

「え、『マイ・インターン』だよ!?『マイ・インターン』観たことないとか、今までどの世界で生きてきたの?」

 

とすごく驚かれてしまった。本当に、わたしはいったい今までどの世界で生きてきたんだろう。

 

彼女が生きてきた世界を理解したくて『マイ・インターン』を観てみたが、全面に漂う「こなれ感」みたいなものにイマイチ入り込めないままいつの間にか眠ってしまっていた。

 

f:id:aku_soshiki:20160127153942j:plain

↑エコノミー・コンフォートの特典であるノイズキャンセリングヘッドフォンで眠りに落ちる近藤氏。

 

目覚めると彼女もまた眠っていてすごく暇だったので、「あや、この映画はちょっと期待外れだったかも…難しくてよく分からなかった…」と言っていた『オデッセイ』を観てみた。

 

f:id:aku_soshiki:20160127210130j:plain

f:id:aku_soshiki:20160320210955p:plain

 

 

 

 

次回→パイロットに「UFO見たことありますか」と聞いてみた