読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇な女子大生が馬鹿なことをやってみるブログ

暇を持て余した女の人が欲望の赴くままにしたためています。

暇じゃない

愚痴 普通の日記

「わたしと一緒にラジオやるって約束してたのに、他の人とやってる…しかも楽しそう」

 

「紹介したわけでもないのに、あの日連れて行ったわたしの友だちと勝手に仕事してる!」

 

「この女、酔ったフリして既婚者とイチャイチャしてる!しかも『わたしの彼には内緒にしといてね。ブログに書かないでね』って…世間には『クリーン』なイメージでやってるくせに…。『あざとい』のはわたしじゃなくてお前のほうだよ!!!」

 

「わたしのこと『クソブス』って言った!『あの時は泥酔してたから』じゃねーよ、死ね!」

 

性格がねじ曲がっているからかどうか分からないが、結構すぐ人を嫌いになる。上に挙げたのは全員わたしが「自分のことをすごくよく理解してくれている人」「親友」とまで思っていた人たちなのに、こういった出来事が起こるともう大っ嫌いになっている。

 

ただでさえ新規の友人を作りにくいのに、せっかく出来た友だちもスピード絶交が続くので、このままだと一生孤独で死ぬなあと思って

ネットで「すぐ人を嫌いになる」で検索してみた。

 

そしたら

 

am-our.com

 

ゲイの精神科医さんのコラムに

 

"簡単に言えば、相手に期待しすぎなのよ。目の前の相手をすぐ好きになって、あれこれ理想化しちゃうの。でもこれはあくまで勝手な理想にすぎないから、目の前の相手そのものを見ていないわけなんです。

そして、相手が自分の理想と違った言動をとってしまった瞬間、
「あーーーーーー、この人こういう人なんだ。もう嫌」ってなっちゃうの。
そして人間関係が不安定になってしまいがち。だから急に嫌いになっちゃう。"

 

とあって、当てはまり過ぎていて驚いた。

 

そしてこの解決法は、「相手に期待しないこと」そして「自分が相手に何をしてあげられるか考えること」だという。

 

"自分は相手に何ができるのかを考えてみるの。 相手に期待するというのは、相手に「○○してもらいたい」という気持ちの表れ。それが満たされないときに失望に変わっちゃうの。

 このパターンを変えて、「この人好きだ! だから、自分は相手に○○しよう、○○な存在でいよう」と考えて行動してみましょ。

 人間の心理には返報性の法則というものがあります。
自分が相手に好意を抱けば、相手も自分に好意を抱く。その逆もある。
だから、自分が相手に何かを与えようとすれば、たいてい自然と相手も自分に何かを与えようとしてくれるものよ。"

 

 

今までの人生で「自分から他人に何かを与える」ということを滅多にしてこなかったことに気づいた。これからはそれを意識していきたい。

 

ところで昨日このブログにしては珍しく絵もない短いブログを書いたのだが、いつもツイッターで「面白かったです」「大好きです」とか感想を送ってくれる女子がそのブログを見て

 

「眠くなってしまいそうだ…早くレポートの続き書いてください」

 

みたいな感じのことを言ってきたので

 

『うるせー!ああいうのはすごい時間も手間もエネルギーもかかるしそんなすぐ書けるもんでもないし12月は企業も忙しいせいで「今年中に○本書いてください」とか皆言ってくるし締め切りが重なりまくっててほとんど倒れそうな感じでやってんだよたまには息抜きぐらいさせろやいつでもお前の都合の良いように動けるわけねーだろ』と思ってブロックしようとしたのだが、

 

これも

 

その女子からわたしへの「ちょうどよく暇を潰してくれて、たまに笑わせてくれる人」みたいな期待が大き過ぎるのと、一方でわたしも読者に対して「まあ更新遅れても、あんまり面白くないこと書いても許してくれるよね」みたいな期待をし過ぎているせいだろうなあと思った。

 

こんな愚痴みたいなこと書いたら印象悪くなるしマイナスにしかならないって分かってるけど、書かせてもらいやした。このブログはわたしのものだし自由に書いていいはずなので

 

このままだとインターネットに漬かりすぎて頭がおかしくなりそうなので何とか打開策を見つけていきたいです…