読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇な女子大生が馬鹿なことをやってみるブログ

暇を持て余した女の人が欲望の赴くままにしたためています。

暇だから酔っぱらいのおじさんを助けたら白木屋に連れて行かれた

ゆかいな仲間たち

 

 

こんにちは。暇な女子大生です。

 

 

先日の夜、いつものように阿佐ヶ谷を巡回していたときのこと・・・

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140708004258p:plain

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140708010122p:plain

商店街の真ん中でとても気持ちよさそうに寝ているおじさんを見つけました。

 

 

 

暇「おじさんおじさん、こんなところで寝ていると風邪を引くし、スリに遭うし、果ては殺人事件なんかに巻き込まれるかもしれませんよ、おじさん、立ってください」

 

 

 

おじさん「う~ん」

f:id:aku_soshiki:20140708004835p:plain

 

 

 

おじさんは中々起きようとしてくれません。起きるどころか、もっと人の邪魔になるポーズをとり始めました。道行く人がおじさんのことを訝しげに眺めています。

 

 

暇「おじさん、おうちはどこですか?そんな恰好で寝ていたら、通行人に踏まれてしまいます」

 

 

 

おじさん「う~ん」

f:id:aku_soshiki:20140819155226p:plain

 

おじさんはとうとうお尻を出し始めました。こんな格好でいるところを警察に見られたら、公然わ●せつなどで捕まるかもしれません。

 

 

私は勇気を奮い起こしておじさんを触りました。

 

 

おじさんを数回ゆすると、すぐに起き上りました。

f:id:aku_soshiki:20140708010908p:plain

おじさん「いやあ、酔っぱらって眠ってしまっていたようだ。助けてくれてありがとう。お礼に美味しいたこ焼き屋に連れて行ってあげるよ」

 

 

そう言うとおじさんはすごいスピードで歩き始めました。

 

もともと歩くのが遅い私は走っておじさんの後をついて行きました。

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140708011305p:plain

おじさん「うそ~ん」

 

 

f:id:aku_soshiki:20140708011437p:plain

 

暇「どうしたんですか?そんな絶望的な顔をして」

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140708011833p:plain

おじさん「お店潰れてるぅ・・・」

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140708012018p:plain

おじさん「俺のたこ焼き屋が潰れてるぅ・・・」

 

 

 

 

暇「そういうこともありますよ。阿佐ヶ谷ですし」

 

 

おじさん「よし、そしたら今から三ツ星レストランに連れて行ってやるからついて来い」

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140708012300p:plain

おじさんはまたも早足で歩き始めました。途中で知らない女の人がやって来て「わたしも連れてって」と言いました。

 

おじさん「いいよ。君も来たらいいよ」

 

 

f:id:aku_soshiki:20140708012955p:plain

おじさん「ここが三ツ星レストラン、その名も白木屋だ」

 

 

f:id:aku_soshiki:20140708013155p:plain

若い女性に説教を垂れるおじさん

 

 

f:id:aku_soshiki:20140708013248p:plain

最新機器(iPhone)に興味津々のおじさん

 

 

f:id:aku_soshiki:20140708013342p:plain

かと思いきややはり説教を始めるおじさん

 

 

f:id:aku_soshiki:20140708013637p:plain

卑わいな手つきをしてみせるおじさん

 

 

f:id:aku_soshiki:20140708013744p:plain

「あそこにホテルが見えるだろう?」とおじさん

 

 

おじさん「ときに、君たちは一体なにをしている人?主婦かい?」

 

 

知らない女の人「私はソフ●オンデマンドという会社でアルバイトをしています」

 

 

おじさん「いい子だ」

 

 

暇「わたしはインターネットをやっています」

 

 

おじさん「インターネットだと?」

 

f:id:aku_soshiki:20140708014301p:plain

おじさん「インターネットはバカと暇人のためにあるものだ。そんなものよりも好きな男と●●を楽しむ方がずっといい」

 

 

おじさんは初めて真面目な顔をしてそう言いました。

 

 

f:id:aku_soshiki:20140708014918p:plain

おじさん「うわーん」

 

 

暇「どうしたんですか?またそんな絶望的な顔をして」

 

 

f:id:aku_soshiki:20140708014717p:plain

おじさん「お財布の中に6000円しか入ってなかったあ」

 

 

 

暇「大丈夫ですよ。わたし、ちゃんとお金持ってますから」

f:id:aku_soshiki:20140708015101p:plain

 

f:id:aku_soshiki:20140708015121p:plain

 

おじさんが「見て見てー」と差し出したお財布がめっちゃボロボロだったので、とても寂しい気持ちになりました。

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140708020127p:plain

エスカレーターに乗るときでさえキメポーズを欠かさないおじさん

 

 

 

 

おじさん「今日は楽しかったよ。さらば、若者」

f:id:aku_soshiki:20140708020146p:plain

そう言っておじさんは中央線で帰って行きました…

 

 

おじさんのTシャツに描かれていた「カエル」のイラストが、何故か頭から離れないのでした…

 

 

 

  

夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘 (星海社新書)