暇な女子大生が馬鹿なことをやってみるブログ

暇を持て余した女の人が欲望の赴くままにしたためています。

暇だから阿佐ヶ谷ロフトでイベントやってみた(承)

 

暇だから阿佐ヶ谷ロフトでイベントやってみた(起) の続きです。

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140602183023j:plain

↑本番直前

 

「はあ~」

 

 

ベテラン勢とは違い、フリートークに著しい不安を感じていた私は細かい台本を作っていた。

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140608211141j:plain

ヨッピー「こんな台本通りに進むわけがないだろうに…」

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140608222407p:plain

 

 

 

そしてついにイベントがスタートした。

 

 

 

大川「皆さん。こんばんは」

 

「暇な女子大生が台本を作ってきたので、まずはこの台本通りのセリフを読んでみようと思います。」

 

f:id:aku_soshiki:20140608232046j:plain

「え~『皆様、本日は「暇な女子大生」などというただのド素人のイベントにお越しくださり誠にありがとうございます。満員御礼ということで、関係者一同驚き、そして嫉妬しております』」

 

 

f:id:aku_soshiki:20140608231651j:plain

 

「皆さんご存知の通り暇な女子大生は今まで顔を隠してきました。それは単に彼女が自分のことをブスだと思い込んでいるからです。」

 

 

f:id:aku_soshiki:20140608232924p:plain

 

大川「ですが今日は皆さんのために顔出しをすると一大決心したみたいです。」

 

 

f:id:aku_soshiki:20140608234600j:plain

 

「どうか皆さん笑ってやってください。もしくはブーイングしてください。」

 

 

f:id:aku_soshiki:20140608235200j:plain

 

「間違ってもシーンとするのだけはやめてあげてください」

 

f:id:aku_soshiki:20140608235631j:plain

 

 

「それでは登場して頂きましょう。

暇な女子大生さん、どうぞ!」

 

f:id:aku_soshiki:20140609000953j:plain

ガラガラッ

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140609002723j:plain

  

会場「ざわ・・・ざわ・・・」

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140608230235p:plain

↑フロアいっぱいのお客さんに見つめられ震える女子大生と大川竜弥氏

  

 

 

私がこのとき被っていたお面・・・

f:id:aku_soshiki:20140601184532j:plain

このように目の部分に穴を開けていたのだが

 

 

f:id:aku_soshiki:20140609175743j:plain

 

視界はこんな感じで結構悪い。

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140609184314j:plain

え~と…「たっちゃん、すごいね。わたし阿佐ヶ谷ロフトがこんなに人で埋まってるの見たことないよ」

 

 

f:id:aku_soshiki:20140609184905j:plain

「阿佐ヶ谷ロフトさんに失礼だろ」

 

 

 

『あれ、台本と違うな…』

 

 

f:id:aku_soshiki:20140609184448j:plain

「わたしダイエットしてたんですけど、結局全然痩せなかったんですよね~」

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140609185040j:plain

「うん。それで?」

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140609203516p:plain

 

 

大川「なんだ?早く続きを言えよ」

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140609185603j:plain

「だから台本なんかに頼るなとあれほど言ったのに…」

 

 

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140609204642p:plain

 

 

『どうしよう…』

 

 

 

はやく次のセリフを…

 

 

f:id:aku_soshiki:20140609205231p:plain

 

 

セリフが…見えない…

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140606001616p:plain

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140606001716p:plain

『トークイベントのお客さんてのはね、怒るよ』

 

 

はやく…何か言わなきゃ…はやく…

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140609210625p:plain

ハア……ハア……

 

どうしよう…

 

 

 

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140609215829p:plain

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140609221225j:plain

 

「おい…お前…」

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140609223139p:plain

 

大川「大丈夫なのか…?!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽屋では 

f:id:aku_soshiki:20140608203536p:plain

 「もういい!俺たちが出てこの場をなんとかしなきゃ…」

 

 

「待て!」

 

 

f:id:aku_soshiki:20140608203545p:plain

 「林さん!?」

 

林「しばらく様子を見よう」 

 

 

「しかし林さん、」

 

f:id:aku_soshiki:20140609224419p:plain

「このままではあの女死にますよ…!」

 

 

 

「大丈夫」 

f:id:aku_soshiki:20140608203556p:plain

 

 

 

暇「…今日は皆さんに悲しいお知らせがあります」

 

 

「実は私、美女じゃないんです」

 

 

f:id:aku_soshiki:20140608203402p:plain

 

 「ネットでは美女って噂が出てるけど、それは全部木村直人っていう美容師が流したデマなんです」

 

 

 

 「もし私がブスでも、笑って許してくれますか?」

 

 

 

会場「……」

 

 

 

 

 

 

 

暇「お前らやる気あんのかーーーーー!!!!」

 

「そこは『いいともーーー!』だろうが!!!!」

 

 

f:id:aku_soshiki:20140608203416p:plain

「見ろ!こんな顔だよ!どうせぜんっぜん美女じゃねーよ!!!」

 

「もし美女だったらあんなクソみたいなブログ書くわけねーだろおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!」 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140605215635j:plain

 

 「匿名ダイアリーに『ずんぐりむっくりの不細工』だとか好き勝手なこと書きやがってええええええええええええ!!!!!!!!!!」

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140608203439p:plain

 

 

「いいか!もし私の顔を写真に撮ってTwitterにアップしたりなんかしたら…」 

 

 

  

f:id:aku_soshiki:20140608203453p:plain

 

 

 「おまえんちのパソコン遠隔操作して、有料エロサイト閲覧してやるからなあああああああ!!!!!!!!!」

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140608203503p:plain

 

「『コイツのブログくそつまんねえ』だと?」 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140609231924j:plain

 

「じゃあお前わたしより面白く書けんのかコノヤローーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!」

 

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140609234333p:plain

 

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140608203623p:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20140608203632p:plain

 

 

 つづく