暇な女子大生が馬鹿なことをやってみるブログ

暇を持て余した女の人が欲望の赴くままにしたためています。

暇だから存在しない彼氏のクリスマスプレゼントを買いに行った

 

 

こんにちは。暇な女子大生です。

 

 

昨日、パソコンを買うためにデパートに出かけたのですが、なぜか急に紳士服売り場が私を誘っているような気がしたのでいつもは素通りするそのフロアへと足を踏み入れてみました。

 

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20131215155229p:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20131215160022p:plain

 

 

 

 

 

 

 f:id:aku_soshiki:20131215191511p:plain

 

 

 

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20131215192152p:plain

 

 

 

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20131215192531p:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20131215193422p:plain

 

 

 

 

 

 

私がまず入ったのは

 

トレンドに敏感な若者に人気(たぶん)の「キャサリン・ハムレット」。

 

 

 

 

 

マフラーのコーナーを雑に眺める暇女。

 

 

 

用事もないのに紳士服売り場に行くときの注意点

①彼氏のプレゼントを買いにきた純情な彼女を演じよう!

 

 

f:id:aku_soshiki:20131215195511p:plain

 

 

 

 

店員「・・・プレゼントですか?」

 

 

 

 

 

用事も無いのに紳士服売り場に行くときの注意点

②「エア彼氏」を設定しておく

 

 

 

店員「彼氏さんは、何歳くらいの方ですか?」

 

 

 

「う~ん」

 

f:id:aku_soshiki:20131122015807p:plain

 

「まだ18歳なんですよ~」

※彼氏いません

 

 

 

 

 

店員「若いですね~。普段はどういうテイストの洋服着てる方なんですか?」

 

 

 

暇女「えーっとお、ポールスミスの洋服着てることが多くてえ、全体的にシュッとした雰囲気かなあ。色は紺色とかよく着てる。あ、黒髪で色白!(すべて妄想)」

 

 

 

店員「へえ、彼氏さん、オシャレさんじゃないですかあ!」

 

店員「18歳くらいの大学生だと、こういう色のこのアイテムがいいと思いますよ・・・・・」

 

 

 

かっこいいメガネの店員さんに男の子の洋服のことを色々尋ねるのは、とっても勉強になるし、楽しい!

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20131215201012p:plain

 

 

「え~っとお、もし店員さんが彼女にクリスマスプレゼントもらうとしたらあ、何が欲しいですか~?きゃっ!!」

 

 

 

 

店員「ぼ、ぼくですか?そうだなあ・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20131215201413p:plain

 

 

 

「僕はやっぱ、マフラーが欲しいかなあ。ま、僕にマフラーくれる人なんかいないんですけどね!」

 

 

 

暇女「え、そうなんだ~?うふふふふ・・・・!」

 

 

 

店員「照れるなあ・・・うふふふふ・・・!!!!」

 

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20131215192531p:plain

 ほくほく!たんのしい~!!!!

 

(こんな調子で他の店もはしごすればエンドレスで楽しめます)

 

 

 

 

 

 

次に向かったお店は

他の男とは差をつけたい!違いの分かる男を演出できる(たぶん)「ポールスミス」。

 

 

 

 f:id:aku_soshiki:20131215202806p:plain

 

 

「いらっしゃいませー!プレゼントですか?」

 

 

 

用事も無いのに紳士服売り場に行くときの注意点

③自分から店員に声をかけることはしない

 

 

実際に品物を買うわけではないので、他の「本当のお客さん」への接客の邪魔をしてはいけない!眺めるフリして、店員さんが話しかけてくれるのを待とう。

 

 

 

 

店員「恋人は何歳くらいの方ですか?」

 

 

 

暇女「う~ん」

 

f:id:aku_soshiki:20131122015807p:plain

 

「47歳です!」

※彼氏いません

 

 

 

用事も無いのに紳士服売り場に行くときの注意点

④店によってエア彼氏の設定を変更しよう!

 

エア彼氏を一貫するのもいいけど、色んな彼氏設定を作った方がファッションの勉強にもなるし、とにかく楽しい!

 

 

 

 

店員「そうですね、そのくらいの年齢の方ですとこちらの明るい色のものよりも茶色などのシックなお色味の方が喜ばれるかと・・・」

 

 

暇女「ふむふむ!なるほど~」

 

 

 

 

 

「もう少し考えます」

と言ってまたお店を変える。

 

 

 

 

次に向かったのはシンプルかつ使えるデザインで幅広い年齢層に人気(たぶん)の「コムサメン」

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20131215203943p:plain

 

 

女店員「いらっしゃいませー!プレゼントですか!?」

 

 

 

「男の人は意外と、ベルトをプレゼントされると喜ぶんですよー!!」

「ほらベルトってえ、自分で中々買おうとは思わないじゃないですかあ、だから壊れるまで一つのベルトを使い倒すって人が大半なんですよねー」

 

 

暇女「へえ、プレゼントにベルトという発想は無かったーーー!」

 

 

女店員の話はとっても参考になる!

 

本当に彼氏ができたときにも応用できそう!

 

 

 

 

 

まとめ

●店員には色んなタイプがいるので、皆が皆フレンドリーな接客をしてくれるという期待をするのはやめよう!

 

店員のタイプ

A バリバリ話しかけてくれるタイプ

B 女性だと逆に気を使って声をかけてこないタイプ

C 単に女慣れしてないタイプ

D 女性店員

 

AとDタイプの店員がいる店だとわりと楽しい!

 

 

●お店が暇なときを狙って行こう

 

私たちは面白半分でやってたとしても、彼らはお仕事中。めちゃくちゃ暇そうなときにお店におじゃましましょう。

 

 

 

用事も無いのに紳士服売り場に行くときの注意点

⑤気まずくなったらすぐに撤退

 

女性なのに男性ばかりの紳士服売り場に行くというのはやっぱりハードルが高い。精神的にめちゃくちゃ疲れる。なんだか気恥ずかしいし、自意識過剰になってしまうし、「わたし、怪しまれてないかな?」とか色々心配になる。そんなときはすぐにエスカレーターで婦人服売り場に逃げよう!

 

これを乗り越えたあなたは、「彼女の付き添いで婦人服売り場に佇んでいなければならない彼氏の気持ち」が分かると思います!

 

 

 

 

メンズファッションブランドの店員って、むちゃくちゃオシャレでカッコいい人が多い。ちょっと勇気を出せば彼らと楽しくお話できちゃうかもよ。

 

同じ要領で、「彼女へのプレゼントを買いに来た彼氏」を演じて婦人服売り場に行ってみるというのもアリかもしれません。清潔感と爽やかさを携えて怪しまれない程度に挑戦してみてください。どうなっても責任は負いません。