暇な女子大生が馬鹿なことをやってみるブログ

暇を持て余した女の人が欲望の赴くままにしたためています。

暇だから300BARに行ってみた

こんばんは。暇な女子大生です。

 

f:id:aku_soshiki:20131128181212p:plain

 

 

寒くて外に出るのが更に億劫になってきました。

 

 

しかし昨日は友人のナナちゃん(仮名)と二人で連れ立って、銀座にある300BAR(「スリーハンドレッドバー」という読み方)に行って来ました。

 

 

 

300BARは銀座という土地に在りながらお酒や食べ物をオール300円で提供しており、その安さが人気を呼んで平日でも大大大混雑らしいのです。

 

 

しかも噂によるとそこはナンパのホットスポットなんだとか。

 

 

友人のナナちゃんは私より「出会い」に熱心で、どうしても彼氏がほしいというようなことを言っていたので

 

ナナちゃん↓

f:id:aku_soshiki:20131128192406p:plain

 

「こういうバーがあるよ」と伝えたところ

 

「行こう。是非行こう」

 

という気持ちのよい返事が返ってきたので我々女子学生はオトナの街・銀座に馳せ参じたわけであります。

 

 

しかし私は若干の心配をしておりました。

 

 

食べログなどで300BARの情報をかき集めていたのですが・・・

 

目に留まったのはこちらの投稿。

https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13010668/dtlrvwlst/B118497003/

f:id:aku_soshiki:20131128194907p:plain

 

 

『大丈夫かなあ・・・』

 

しかし

 

f:id:aku_soshiki:20131128195744p:plain

 

今更「やっぱやめよう」とも言い出せぬままその日がやって来ました。

 

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20131128200309j:plain

↑無駄に華やかな銀座の街

 

 

 

入り組んだ道の一つに300バー(銀座5丁目店)はあった。

  

緊張しながら階段を下り、扉を開けると・・・

 

 

まだ人がほとんどいません。

 

「17時半だからだろうか。」

 

「19時からめちゃくちゃ混み始める。ゆっくり飲みたい人は17時半頃の入店がオススメ」と書いてあったのでその通りにしたのです。

 

店内にはカウンターに化粧濃い目の肉食系女子、奥の方に60代くらいのサラリーマン二人、カップル一組、大人しそうな女子二人組などがいました。

私とナナちゃんは店内を一通り観察出来るよう、店の最奥に場所を取りました。

 

 

「お客さぁん、チケット持ってますか?」

ケバめの店員に声をかけられます。

 

300バーはチケット制なので最初に300円のチケット2枚分(税込みで確か630円)を払わなければなりません。

 

「持ってません・・・」

「どこで買えばいいんですか?」

 

 

「いや、だからぁ~」

 

 

f:id:aku_soshiki:20131128204009p:plain

「ここで」

 

 

f:id:aku_soshiki:20131128204329p:plain

 

なんかムカついた。

 

 

 

チケットを買い、カウンターでとりあえずお酒を注文。

 

 

お酒をつくる間もこの女店員は奥にいる男のスタッフとぺちゃくちゃお喋り。

 

f:id:aku_soshiki:20131128205154p:plain

 

 

無言で「ドン」とお酒を置く。

 

 

 

しかも友だちが頼んだジンジャーエールの時は

 

f:id:aku_soshiki:20131128205835p:plain

 

こぼしやがりました。

しかも「あースイマセン」しか言わない。

 

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20131128210428p:plain

 

 

もうこの時点で

「うわあ・・・この店・・・ないわぁ・・・・」

とか思っていたのですが

 

 

せっかく来たし、ナナちゃんに会うのも久しぶりだったので

しばらくお酒を飲みながらお喋り。

 

 

 

なにかおつまみも頼もう!ということでまたカウンターに行くと(注文する時はいちいちカウンターまで行かないといけない)今度はチャラそうなお兄さんが立っていました。

 

 

私が「アーロンチリビーンズ」と注文すると

 

 

f:id:aku_soshiki:20131128211514p:plain

 

 

「アーロンチリビーンズですかぁ!?」

と何故かすごいビックリしているので、もしかして売り切れなのかなあ・・・とか思っていると

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20131128211844p:plain

 

 

単にふざけていただけのようでした。

 

 

 

f:id:aku_soshiki:20131128212232p:plain

『ウゼェ・・・』

 

 

 

 

 

その後、料理は30分待っても来ず、もしかしたら1時間弱待っていたのではないか・・・という頃やっと到着。

 

 

 

 

で、肝心のナンパですが・・・

 

 

 

店に来たのが17時半、2時間粘りましたが立ち飲みなので疲れてきて、どちらからともなく

「もう出よう」

と言い出し店をあとにしました。ナンパが盛んになるのは夜の10時頃らしいのですが、その時間まで滞在していられる気力も体力もなく・・・

 

 

私たちがいた17時半~19時半はまだ皆「様子見」というか「嵐の前の静けさ」というか。チラチラ異性の様子を伺っているという状態でした。

 

私たちが店を出ようと通路を歩くと『え、もう帰っちゃうの?』『パーティーはこれからだよ』

というようにジッと見てくる人がいましたがなんかもう疲れたので帰りました。

 

 

 

別の店に移って反省会を開きましたが

 

結局私たちの好みの男性はああいう店には来ない」

という結論に至りました。

 

 

 

 

私たちの好みの男性↓

f:id:aku_soshiki:20170601111350j:plain

「私たちの好みの男性はああいう店には来ない。私たちの好みの男性はきっと家にひきこもっている。」

 

 

f:id:aku_soshiki:20131128215156p:plain

 

「出会えるはずがない・・・」

 

 

 

 

 

300BARにいたのは「高そうなストライプのスーツ・先のとがった革靴・高級時計・ワックスでバリバリに固めた髪・ソース顔」な男たちばかりでした。

 

 

 

 

クラブとかで「うぇーい!」と騒げるタイプの人には300BARはいいかもしれません・・・。

 

 

 

 

反省会を開いた店で面白い出来事が色々あったのですがそれはまた後日書きます・・・

 

 

 

※2017-05-25追記
この投稿は2013-11-28時点での自身の体験に基づいて公開したものです。
現在の状況は、投稿当時の状況とは変わっているかもしれません。  

この点については、読者の皆様が、ご自身でご判断いただくのが一番だと思います。