読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇な女子大生が馬鹿なことをやってみるブログ

暇を持て余した女の人が欲望の赴くままにしたためています。

暇だからありったけのエロワードの意味を調べてみる

 

こんばんは。暇な女子大生です。

 

皆さんエロワードってどのくらいご存知ですか?世間に蔓延する(?)エロワードってどのくらいの数があるんでしょうか。

 

私は深窓の令嬢なので(It's joke)まああんまり知らないほうだと思います。知っててもまあ、20くらいかな~

 

エロワードって誰かが明確に教えてくれるわけじゃないし、勿論教科書にも載ってないし(ある種の教科書には載っているのでしょうが)自分でグーグル先生に聞いてみるしかないのでしょうね・・・

 

というわけで今回は自分の中で意味がぼんやりしている、一回聞いたことがある程度のエロワードの真の意味を徹底的に調べてみます。

 

*イラマチオ

「イマラチオ」なの?「イラマチオ」なの!?と常に騒がれているこのワード。ラマです。イラマチオです。

フェラチオとの違いは、性器をくわえた女性の頭を男性が手で持って前後にゆするという点。フェラが女性主導だとしたらイラマチオは男性主導なんですね。それにしてもこの行為、女性にとってはとても苦しいような気がするのですが・・・

 

*駅弁

駅弁スタイルを見たことはあっても、「なんであれを駅弁と呼ぶの?」と疑問に思いますよね。

「かつて日本の鉄道駅構内では、帯の付いた長方形の盆状か高さの低い箱状の容器に弁当やのボトルを入れた売り子(販売員)が、容器を前方に出す形で首から下げてホーム上を歩きながら列車内外の客へ弁当を販売する「立ち売り」が頻繁に行われていたため、男性が女性を駅弁売りのように前に抱えて陰茎を挿入することを駅弁と称するようになった。(以上Wikipediaより)

なるほど、男性が売り子で、しがみついてる女性が弁当を入れる箱を模しているから駅弁と呼ばれているんですね。解決。

 

*竿姉妹

穴兄弟の逆バージョンだそうです。なんだか「あなきょうだい」より「さおしまい」のほうが響きがカッコイイように思います。モスラを呼ぶための歌とか歌い出しそうです。

 

*せんずり

近世以来男性のオナニーを「せんずり」とも「へんずり」といい、江戸時代の川柳に「千摺りは隅田の川の渡し銛 竿を握いて川をアチコチ[2]」とある。また、「せんずりは日本一の富士の山 かいてみるよりするが一番(甲斐で見るより駿河一番)」の句もある。(以上Wikipediaより)

オナニーってほんと色んな呼称がありますよね。江戸時代の人のユーモアには笑わせられます。

 

*ノンケ

同性愛者ではない人のこと。フランス語の『non』と『その気』の組み合わせ。(http://m-space.jp/novel2.php?ID=se2004&serial=17806&page=4&view=1

目からウロコ・・・まさかフランス語との融合だったとは・・・斬新。

 

*ザー汁

精液だということは大体分かるんですが、読み方はなんなんでしょう・・・「ざーしる」?

 

*カリ太

男性器のカリ首と呼ばれる部分が太いものをさすようです。樺太みたいですね。

 

*肉芽

普通に「肉芽」で検索すると「肉芽腫」というちょっと痛い怪我みたいな意味で出てくるのですが「肉芽 エロ」で調べるとどうやらクリトリスのことのようです。エロワードって自由ですよね。

 

*肉豆

こちらもクリトリスの意。

 

*浴尿

おしっこをシャワーのように浴びるプレイ。ピースのあ○べさんもこのプレイを楽しんでいるとかいないとか。

 

*マン屁

マン屁とは、膣内に入った空気が漏れる時に音を発することを云う。膣のオナラ。 
性交中、膣は吸い込んだり緩めたりを繰り返すが、その吸い込む時にペニスが抜けてしまうと膣内に空気が入り、マン屁の現象が起こる。(以上、風俗広辞苑大全集より)

今回一番衝撃を受けたワードです。口に出して使う機会が今後あるのでしょうか・・・

 

*秘肉

女性器、膣のこと。

 

*二穴

膣と肛門のことのようです。「二穴同時挿入」とかいうワードでよく出てきます。果たしてそんなことが本当に可能なのでしょうか・・・

 

*勃ち待ち

男性が勃起するのを待っていること

男性にとってはプレッシャーな時間でしょうね。AV撮影などお仕事だった場合はもっと怖いですね・・・

 

 

まあこんなところですか。調べればもっと山のように出てくるでしょうが、お腹いっぱいなのでここで中断。

やっぱり、わからない言葉はその都度調べていくことが大事ですよね。

 

また新たな知識がいくつか増えました。